ダイソン HD01 ULF IIFのレビュー|ドライヤーで最強クラスの超大風量。とにかく乾かすことの時短を図りたい方におすすめ

HD01 ULF IIFの特徴

  1. 他機種を寄せ付けない「超」大風量
  2. インテリジェント・ヒートコントロール機能搭載で、過度の熱による髪へのダメージを防ぐ
  3. 3種類のアタッチメント(ノズル)も付属で、値段以上の価値

あの有名なダイソンの送り出すドライヤー。
何といっても最大の特徴は、「超」がつくほどの大風量 で、圧倒的なスピードで髪を乾かすことが可能です。

また、温度を自動で調節するインテリジェント・ヒートコントロール機能搭載で、髪への不必要なダメージを防ぎます
温度自体も低めに設定されており、より髪を傷めづらくなっています。

性能が良い分、他のドライヤーに比べて値段もかなり高額となっています。
しかし、値段以上の価値 という声も多く、また嬉しい付加価値として用途に合わせて使用できる高品質のアタッチメント(ノズル)も3種類付属しています。

  • メーカー:Dyson
  • サイズ: 高さ:245mm 幅:78mm 奥行:97mm
  • 重さ:630g
  • 温度:100℃
  • 最大風力:240㎥/分
  • 折りたたみ:不可
  • ワット数:1200W
  • コードの長さ:約1.9m

ドライヤーで最強クラスの超大風量。とにかく乾かすことの時短を図りたい方におすすめ

HD01 ULF IIFの3つの特徴

他機種を寄せ付けない「超」大風量

掃除機などで有名なダイソンらしく、ドライヤーでは最強クラスの2.4㎥/分という「超」大風量を実現
とにかく乾くのが早く、乾くスピードでは他機種の追随を許しません。

購入者から「スイッチ入れた瞬間に爆風が吹き荒れた」、「地肌がきちんと乾くので、フケが出なくなった気がする」、「ドライヤーとは思えない風量」などの評価がされており、さすがの風量となっています。

また、「後ろ髪の中の方まで風が届く」、「根元から乾かせるのでぺしゃんこにならない」などの声があり、ボリューム重視の髪型の方には特におすすめとなっています。

ただし、中には風量が強いことの弊害として、「風圧がすごくて使用後に髪がパサつく」、「耳に風が入ると痛い」などをあげている方もいました。
特に髪がパサつくという評価はちらほら聞こえました。

しかし、「90%乾いたら仕上げに風量を下げてブローするとパサつきは気にならない」などの声からもわかるとおり、使用者の工夫次第でかなり仕上がりが変わってくるようです。

これだけ風量が強い本機ですが、音量に関してもこの風量からは考えられない静音 を実現しており、この点もかなり高評価を受けています

インテリジェント・ヒートコントロール機能搭載で、過度の熱による髪へのダメージを防ぐ

インテリジェント・ヒートコントロール機能を搭載。
ドライヤーの熱で髪の毛が痛まないよう、温度センサーが付いていて、自動で温度調節をしてくれます
火傷の心配もなく、安心して使用できるようになっています。

また、温度も元々低めとなっており、より髪を傷めにくくなっています
この点について、購入者からも、「髪の毛がドライヤーにより熱くなることが無くなったことで元気になってきた」、「暑くもなく早く乾くし汗をかくことも全くなくなった」、「そんなに暑くならないので快適」と、なかなかに好評です。

早く乾くだけでなく、髪をいたわりながら乾かすことが可能です。

3種類のアタッチメント(ノズル)も付属で、値段以上の価値

本機は3種類のアタッチメント(ノズル)が付属しています。
ブローしたい箇所に、風を的確にあてることができる「スタイリングコンセントレーター」 、髪をブローしながら、整えるのに適した「スムージングノズル」、
カールやパーマのかかった髪に適した「ディフューザー」の3つとなっており、使い分けで多彩な使い方が可能です。

さて、本機を語る上で欠かせないのは、ドライヤーとは思えないほどの価格設定だと思います。
気になる価格は約45,000円と、どうしても他のドライヤーよりもかなり高めの設定 となっています。

しかし、購入者の多くが「値段以上に満足」、「毎日使うものだから買い換えて良かった」など、値段以上に価値があることを証明してくれています

少々値は張りますが、一度使用したら他の機種に戻れなくなってしまうほど、多くの人が満足する製品となっています。

言わずとしれた、最高級ドライヤー。超大風量でドライヤー界に君臨する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました